理想の薬局長≒父親+母親

MAKOTO FUKAZAWA

管理薬剤師深澤 誠

背中を見せる上司を目指します

上司があれこれ指示を出して、それに従わせることはもちろんできます。しかし、個々のスタッフの自主性を重んじて、自分自身がやらなければならないことを見つけてもらうことこそが、成長だと思っています。もちろん、「ほったらかし」というわけではありません。
困ったときにはそっと手をさしのべて、焦らせることなく、叱咤するわけではなく、自ずと道が見えるようにサポートできる上司でありたいと考えています。
私の背中を見て、自分自身のあるべき姿を見つけられれば最高ですね。

理想の薬局長のイメージは…

今はまだ薬局長≒父親のイメージですね。あれこれと指示を出すのではなく。自主性を育てていきたいです。今何をすべきか、自らやって見せて、気付きの機会を与え、後は暖かい目で見守り、困っていたら手を差し出す。焦らずにゆっくりと成長して欲しいですね。それと「和を以て貴しと為す」を大切にしたいです。家族と過ごす時間よりも長い時間一緒に過ごすわけですし、仕事だけでもストレスはかかりますので、余計なストレスのかからない職場を目指したいです。父親目線で見る人と母親目線で見る人が揃えばとても働き易い職場になると思います。ですから理想の薬局長≒父親+母親を目指したいですね。

人が育つと会社が育つ。 会社が育つと人が育つ。 永遠の法則なのかもしれませんね。

ひばりグループの自慢を一つ教えて下さい。

本当に自慢話になってしまうかもしれませんが…
この会社は「人が育つ」んです。スタッフ個々が育っていくということは、それだけ会社も発展・繁栄しているということですし、会社が育つことで、さらに人が育ちやすい環境ができあがっていきます。いい意味でのスパイラルができあがってきています。
人が育たない環境は、会社も伸びませんし、伸びない会社に勤めていては、人材の育成もうまくいきません。そういう意味では本当にひばりグループに勤めることができたことは幸せだと思っています。

ひばりグループを希望する薬剤師に一言。

薬剤師になられたみなさんは、自分自身の成長を第一目標に掲げられる方も多いかと思います。
私たちのひばりグループには、様々な教育制度はもちろんですが、諸先輩方の背中を見て育っていく方がとても多いです。もちろん、自分の時間を大切にしながら、自分を成長させることができます。職場にいながらにして、父親・母親のような温かさに囲まれて仕事に打ち込める、ということは本当に幸せなことだと思います。ぜひ一緒に働きましょう!

MAKOTO FUKAZAWA

貴方の挑戦、手伝わせてください。

勤務地の立地、働きやすさ、給料、人間関係…
仕事を決める上で、優先する事柄は人それぞれだと思います。何を優先するか、何を重んじるかはみんなそれぞれ事情や理由があるものです。
ただ、目的や優先順位はどうであれ、職場に来たら心をひとつにして働ける環境を作っていきます。貴方が今、様々な事柄に挑戦しようとしているならば、ほんの微力ではありますが、その挑戦、手伝わせてください。きっといい方向に進むと思います!

薬剤師さん募集中!!

求人情報/エントリー
Copyright© 2018 HIBARI Pharmacy Group.