患者様を一番に考える薬局…

YOSUKE MOCHIZUKI

薬剤師望月 要佑

楽しく仕事ができる職場。
そんな場所を探していました。

 就職活動をして感じたことは、どの会社の説明を聴いても、給料や休みの条件はそれほど変わらなかったこと。
そして会社の考えも大きく差がなかったこと。
何を比較すればいいのかと考えた時、スタッフが楽しそうに仕事をしていることが重要だと感じました。
自分なりに気持ち良く仕事ができないと、勉強もやる気が出ないし、知識も付かないと思いました。このような私の思いと合ったのが、ブリケンコーポレーションでした。

薬や健康についての情報を
常にアップデートしていかなければ

 薬剤師であれ知らない薬や見た事のない薬はあります。薬や健康についての情報を常にアップデートしなければいけません。私の大学時代に恩師から「薬剤師は、社会に出ても一生勉強」という言葉を改めて感じる事があります。それができる職場、環境。そういう場所を見つけられた自分は幸せだと思います。

患者さんを笑顔にしたい!
職場の先輩、スタッフを助けたい!

日々の仕事のやりがいは
どんなところに感じていますか?

 日々の忙しさや、やりがいを見出せない期間が持続してしまうと、何のために働いているのか?自分はここで何をしているのか?と、頭の中でグルグルと考えてしまい、小さなミスが気になってしまい、次の日が来る事が億劫になってしまう事があるでしょう。当たり前の事かもしれませんが、もっとシンプルで間接的なやりがいを考えると患者さんに笑顔になってもらいたい、職場の上司や先輩、スタッフを助けたいという気持ちだと思います。

仕事をする上で一番大切に
していることはどんなことですか?

社員、医院スタッフとの人間関係の構築仕事は一人では出来ません。毎日忙しい日々の中でもスムーズに、楽しく仕事をする上では日々のコミュニケーションが大切であると考えます。医院スタッフとも関係がよくなってくると、患者さんとの関係も良くなっていきます。スタッフとは、昼休みや、空き時間にも時には笑い話もふまえて会話するように心掛けています。

YOSUKE MOCHIZUKI

「ありがとう」「また来るからよろしく」
満足感とやりがいを感じる言葉。

 患者さんに投薬した後、「ありがとう」や「また来るからよろしく」などと笑顔で患者さんを送り出す事ができた時には、凄く満足感とやりがいを感じます。薬局に来るという事は何らかの病気を患っています。そんな中、何か少しでも手助けすることができた、希望や前向きな考えを持ってもらうことが出来た時には、この仕事をしていて本当によかったなと感じます。
 患者様を一番に考えるひばり薬局。私の大好きな会社です。患者様の予定や希望を一番に考えているところは大好きですね。

やりがいが見つかった。
目指したい方向も見つかった。

 ひばりグループでの圧力のない自由な社風に感謝しています。社長、上司のみなさんはとても気さくで、和気あいあいと話しをする機会が多くあります。チャレンジしたいこと、希望すること、時にはちょっとした自分のわがまままで聞いていただき、すごく感謝しています。
 私は、所々抜けている部分もあり、決して器用ではないですが頑張っていきますので、どうか温かい目で見ていただき、これからもご指導よろしくお願いします。

薬剤師さん募集中!!

求人情報/エントリー